生涯未婚の独身男性がマイホームとしてマンションや一戸建てを購入すると女性の反応は・・・

未婚の男女、とりわけ女性はアラサーも過ぎてアラフォーが近づいてくると、もう一生結婚できないのではないかと考えてマンションを購入するという行動に出がちです。

たしかに35歳を超えた女性が結婚できる確率は結構な低さで、もう一生未婚のままを覚悟する人もいるでしょう。特にキャリアがしっかりしていて収入の高い人ほど、一人で生きていけるため中途半端な底辺男と結婚するくらいなら生涯未婚を選びます。

現実には、現在の未婚女性は貧困層のほうが多いのですが、一部の高収入で生涯未婚を覚悟した人がマイホームを考えるのは自然なことです。女性は年収が高いほど未婚率が高いと言われており、数が多いわけではないのですが独身女性でも裕福な人は本当に裕福です。

一方の独身男性は、残念なことに年収と未婚率にハッキリとした相関関係があり、女性とは逆に年収が低いほど未婚率が高くなっています。つまり、なかなか結婚が難しく生涯未婚が濃厚になってきた年齢の独身男性は、マイホームを買うような余裕のない人が多いのです。考えてみれば独身でマンションを買ったなどという話はあまり聞きません。

マンションや一戸建てなどの不動産を買うのは、無駄な家賃を支払う期間を減らせるので良いことではあるのですが、もう生涯未婚だと思っていても何があるかわからないのが人生です。

35年ローンを組んだ直後に結婚が決まったりしてしまえば大変なことになる場合もあります。今回は、未婚の内にマイホームを住宅ローンを組んでまで購入することの是非について考えていきたいと思います。

そもそも生涯独身の場合、一生賃貸とマンション購入はどちらがお得なの

賃貸派とマイホーム派の壮絶な闘いが耐えないという意味では、キノコ派とタケノコ派なみに分かり合えない永遠のテーマです。賃貸が得なのかマイホーム購入が得なのかという特集記事は、雑誌やウェブマガジンでも度々目にするテーマです。

新築のマンションなどを売るディベロッパーの営業マンの決め文句としてよく出されるのが、ローンの返済は月々の家賃支払いよりも少なく、35年後にはマンションはあなたのものになりますよという営業トークです。

たしかにこれは事実ではありますが、あくまで表面的な話でありその裏までよく熟考すると、全然お得ではない話だったというケースも散見されます。どういうことかと言うと、月々かかる管理費や修繕積立金、毎年かかる固定資産税等が計算に入っていなかったり、ローンが変動金利で将来の金利上昇が計算に入っていなかったりするのです。

また、マンションというのは将来大きな問題を抱えることもあるのです。毎月高い修繕積立金を収めますが、将来的にそれでも修繕費が足りなくなるのが割と普通です。将来大規模な修繕を行う時に、管理組合に十分な積立金がないと各戸が一時負担金を求められる可能性もあります。場合によっては百万単位で。

これはマンションを売りたいディベロッパーが新築販売時に修繕積立金を安く見せかけるために、本来必要が見込まれる積立よりも安めの修繕積立金を設定しているからなのです。当然規約には将来値上がりする可能性があることが小さな文字で書かれていたりします。

また、上手いこと35年間でローンを完済してはれてマンションが自分のものになったところで、築35年の毎月高い管理費・修繕積立金がかかるマンションが残るだけです。

鉄筋コンクリートのマンションは法定耐用年数が47年で、実際にはもっと長く70年位は保ちますので、アラサー以降に購入すれば余裕で一生住めるでしょう。他の住人が汚いので建て替えたいなどと言い始めない限りは。

現在建て替えにはマンション全体の持ち分の4/5以上の賛成が必要ですが、古いマンションの建て替えが全く進まない問題が徐々に表に出始めてきていて、徐々に緩和の方向に向かっています。もし自分が退職した後で、他の部屋を中古で購入した若い世代が建て替えで合意してしまったら、トンデモナイ額の建て替え負担金を請求されてマンションの区分所有を維持できない可能性もあります。

マンションというのは自分ひとりの持ち物ではないため、一度買えば全て思い通りになるわけではないのです。確かに生涯未婚であれば、賃貸を続けるよりもマンションを購入したほうが将来的にはお得かもしれませんが、マンションを買えば絶対安心ということでもないのです。

住宅ローンを組んだ後に結婚する場合は問題が

マンションが安心できないと言うなら、関東で考えると少し郊外の千葉埼玉に一戸建てを買うのはどうなのでしょうか。

確かに一戸建ても維持費はかかりますが、マンションとは違ってその全てが自分の裁量で自由にできるため、マンションよりも確実です。正直なところマンションよりもおすすめです。

ただ、これは予定通り生涯未婚を貫いた場合のみです。自分の気に入った一戸建てを郊外に買って、都内の会社にも電車で30分で快適に思って満足していたとしても、思いがけないことが起こるかもしれません。

35年ローンを組んでマイホーム購入直後に、意外な出会いがあって結婚することになってしまったら大変です。そのままその家で新婚生活を始めれば何の問題もないと思うかもしれませんが、そうは上手くいきません。

女性は男性に比べると住宅へのこだわりが強く、自分の気に入った家を欲しがるケースが多いのです。自分が知らないところで、勝手な立地で勝手な間取り勝手なインテリアの家を買ってしまうことを是としません。

これが結婚前の貯金で現金一括で購入したのなら問題にはならないかもしれません。
いや、多分なりますね・・・

ましてや、結婚してからも退職後まで返していくことになる35年ローンで勝手な家を買ったとなれば、怒り出すくらいでは済みません。むしろ、そんなことが明らかになった時点で結婚の話も無しになる可能性が高いのです。

男性の場合は、女性が働いていて結婚後も仕事を続ける前提なら、結婚前に35年ローンで勝手に家を買っていたとしても、結婚後にそこに住んでもいいよということになる可能性が高いのですが、女性は絶対そうはなりません。いや、男性でも躊躇はしますね・・・

とにかく、家というのは一生をかけて支払いを行っていくものですので、結婚前にパートナーの同意も取らずに勝手に購入しておくことはマイナスにしかならないわけです。

賃貸より損とか得ではなく、少しでも結婚する意志や希望がある場合は、マイホームの購入には慎重になりましょう。

結婚前に不動産を購入するなら将来賃貸に出来る高立地物件にしよう

35年ローンを組んで家を買ってしまえば、いくらパートナーが嫌がってももうそこに住むしかありません。住宅ローンを返しながら、あらたに賃貸で好きな物件を借りるなんて芸当は普通の年収に人には不可能です。

しかし、もしローンで購入した方の自宅を賃貸に出せれば話は別です。マイホーム用に買った物件を賃貸に出して家賃を受け取れば、その家賃でローン返済ができる可能性があります。住宅ローンは35年などの長期の借り入れで金利も低いため、余程ぼったくり価格で物件を買っていない限り月々のローン返済額よりも入ってくる家賃の方が高いのです。
※マイホームを購入するための住宅ローンで買った物件を賃貸に出すのは、厳密には少々問題がありますが、転勤などの事情もありますので普通に行われています。

貸しに出して入ってくる家賃を返済に充てれば、ある種の不動産投資になり、お荷物のマイホームを投資案件に変えることが出来るのです。あとは二人で住みたい家を賃貸で借りれば何の問題もありません。

しかし注意しないといけないのは、マイホームとして良い物件と、賃貸として優れている物件というのは微妙に違っていたりすることです。賃貸はマイホームよりも立地に厳しいのが特徴です。

個人がマイホームとしてお金を出して買う物件は、少々東京から距離があったり、最寄り駅から離れていたとしても問題ありません。しかし、賃貸物件は東京に近ければ近いほどよく、最寄り駅からも近くないとダメなのです。

したがって自分が使うマイホームの感覚で物件を買ってしまうと、後々賃貸に転用するに当たっては立地が劣る可能性があります。賃貸に出すなら郊外の一戸建てよりも都内のマンションのほうが有利なのは言うまでもありません。

したがって、もし将来的に賃貸に転用する可能性も考えると、都内のマンションを買っておくほうが正解な可能性もあります。もちろん利回りの絡みもありますのでそう単純な話ではありませんが、立地が良いほうが賃貸に向いているのは間違いありません。

間違っても、東京の主要駅から電車で30分以上かかるような駅の物件はおすすめしません。今はまだ東京から電車で40分50分の駅でも賃貸需要はありますが、30年後は悲惨なことになる可能性があります。

また、マンションで最寄り駅から徒歩10分以上、一戸建てで最寄り駅から徒歩15分以上離れている物件を買ってはいけません。今はまだ良くても将来的に賃貸需要が少なく苦戦することになります。

そもそも新築の豪華な家を買うこと自体がコスパが悪い

女性は新築で自分で間取りや仕様を決められる注文住宅が好きですから、こんなことを言うこと自体がモテない思考なんですが、そもそもキレイで新築の住宅を購入すること自体が非常にコストパフォーマンスに劣る行為なのです。

不動産投資家にとっては、不動産は人に貸して賃料を得るための道具ですが、一般的には自分や家族を住まわすマイホームとしての認識が主でしょう。 不動産投資家であっても家には住まなければいけない訳ですので、投資先に加えて自分の自宅をどうするのかという問題があります。
real-estate-investment.jp

マイホームというと一生に一度の買い物ということで、なぜかお財布の紐がユルユルになってしまう人が多いのです。日々の暮らしではもやしが29円か39年かで悩むのに、住宅は数千万円のお買い物なのにローンを組んでホイホイ買ってしまうのです。

東京都内に十分通勤できる中古物件であれば、1000万円以内でも余裕で買えてしまうのです。無駄に豪華な物件を購入するよりも、本来はこういった高コスパの中古住宅で十分なのです。まあ女性は嫌がるでしょうけど。

生涯独身を決めた男性であれば、思いっきり安い中古住宅を買って暮らすのもアリです。500万円くらいの物件であればキャッシュで買えてしまう人もいるのではないでしょうか。

こうした安い物件を現金で買って暮らしておいて、もし万が一うっかり結婚することになったとしても、その物件は激安で賃貸にでも出して、あらためて女性の好む都心のマンションを買ったり新築の注文住宅でも建てればよいのです。

こういった激安の中古住宅などコスパ的な考え方は女性は大変嫌いますので、モテを考えている独身男性は女性の前ではケチ感を出してはいけませんので、なかなか難しいところではありますが。

この記事が役に立ったら"いいね"をお願いします。

自宅・住居カテゴリの人気記事

まだデータがありません。