《フルアクレフの体験談》その4

キャプチャ

この体験記事では「フルアクレフ」を実際に購入して使ってみた筆者が、客観的目線で様々な角度から見て、感じたことをまとめています。

体験する筆者は30代後半の主婦で、長い間たくさんの肌の悩みを持ち、たくさんの美容品を試してきたので厳しい目線で、細かいところまでしっかり検証しています。

今回はいよいよ“顔での検証編(前半)”♪

これまでいろいろな美容液を試したけど「実感」できなかった人、「満足」できる美容液にまだ出会えていない人、フルアクレフの効果は一体どうなのでしょうか!?

 

【1日目】

期待と不安の入り混じる検証の時がやってまいりました。

まず、商品の説明にあるように「2,3滴」スポイトから手のひらにポタリと落とします。

両手を軽く合わせて伸ばし、美容液をいざ顔に。

スポイトでたらした時はとろみが強く感じますが、顔にのせると軽い感じがします。

だから、そのわずかな量でも顔全体に無理なくスーッと伸びます。

1(引用元133.242.230.90)

今までにない不思議な感触です。

そして、両手で顔を包みこみ、少し時間をおいて、顔から手を離すとべたつかずに、すっと手が離れたので「これが浸透している、ということかな」と感じました。

でも、思ったより「しっとりもっちり感」はないように思いました。

まあ、それは想定内です。かなりの「ひねくれ肌」ですから。

それで、同じくらいの量をもう一度塗り、同じように手で包みました。

倍の量を塗ったのに、やはりべたつきはありません。

指で頬を押すと、いつもよりプニプニと柔らかい感じが印象的でした。

2(引用元tarumi-up.net)

そして肝心の目の周辺ですが、全く刺激はありません。

顔全体もピリピリ感など全くなく、赤くなったりもしていません。

《まとめ》

初日だったのでまずは肌に刺激がないか、ということがポイントの1つ。

この点、全く刺激はなかった、という結果。

それと、肌につけた時に軽くスーッと伸びるので肌に負担がかからない。

そして、多めに塗ったのにべたつかない「浸透力」を実感。

 

【3日目】

このあたりからフルアクレフを顔全体に伸ばした時の肌の感触が、前より滑らかな感じがしてきました。

3(引用元www.shiseido.co.jp

最初は「スーッと伸びがいい」「べたつかない」という“使用感”の感想だったのが「肌が日に日に柔らかくなってきた」というような“実感”の感想になりました。

それと、美容液の使用量が少なくても「満足」できるようになりました。

(それでもまだ適量の2、3滴以上です。私の“頑固肌”なので…)

 

【10日目】

だんだんとフルアクレフを塗る時間が楽しみになってきました♪

私の「頑固ひねくれ肌」が文字通り柔らかくなり少し“素直”な肌になってきたからです。

ハッキリ分かることは

・使い始めと同じく全く刺激のような感じはなく、香りもないので安心できる。

・固かった肌が柔らかくなってきたおかげで、フルアクレフを肌に塗るとグングン浸透しているような感覚がある。

(そのため、またさらにフルアクレフの使用量が少なくなってきた)

4(引用元www.jousui.jp

・リキッドファンデーションが前よりスーッと滑らかに伸びる。ウレシイ♪

(伸びが悪いと指で強めに伸ばすため、肌に余計な負担がかかってしまう)

・毛穴隠しのためにファンデーションを毛穴に必死に埋めなくてよくなった。スゴイ♪

(しっかりと保湿されてきたので、ゆるんでいた毛穴が引き締まってきのでは?!)

・Tゾーンのテカリが目立たなくなり、化粧崩れがましになった。

(Tゾーン部分をティッシュオフするとティッシュに付くファンデーションが今までより明らかに少ない!これも保湿による毛穴引き締め効果だと感じ、本当にビックリ!)

5(引用元cosmedecorte.brandtalk.jp)

10日間で、このような自分でも信じられない嬉しい変化がでてきました!

では、1か月続けてどうなったのでしょうか?!

次回は“顔での検証編(後半)”です♪

“番外編”もありますので、ぜひご覧ください\(^o^)/